-真空館BLOG-
真空館BLOGは移転しました。新しいブログは→http://blog.honai.jp/
プロフィール

真空館BLOG

Author:真空館BLOG
真空館は、伝統にとらわれない本藍のブランド。
「sin」ブランドを取り扱うお店です。

本藍のワークウェア、インディゴ、100年デニムなどの個性的な商品を取り揃えております。

▼真空館メインページ


▼真空館ショップページ


▼親子で藍染めBLOG



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



人気ブログランキングへ
ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


   Sin100年デニム再登場!!!
お待たせいたしました。
ついに、出来上がりました。100年デニム。
08-12-4.jpg


長い方で2年近く待っていただいた方も。。。

昨日、ご連絡先をお聞きしていたお客様にお電話差し上げると、
もうかなり前のことで、忘れている方や、「今さら・・・」みたいな
感じの方ばかりかと思いきや、
ほとんどのお客様が「やっと出来ましたか!」「近いうちに伺います」「まだサイズありますか?」などなど・・・
ずっと待っていただいて感激でした。
やはり、いいものを理解してくれているお客様に支えられているのだなと再認識いたしました。

本当にお待たせいたしました。
ただいま、全サイズ取り揃えてお待ちしております!

お待ちになっているお客様が多く、
すでになくなりそうなサイズもありますので、出来るだけお早めにご来店くださいますようお願いいたします!!!

■100年デニム

本藍染の古い着物。其れは、染めたてのモノには出せない「重さ」「深み」を持った色目が宿る。
本藍でデニムの糸を染めると、糸の芯まで染まり色落ちせず、平面的な色のジーンズになってしまうため、インディゴピュアのロープ染色でなければならない。
また着物の変色の原因を調べ、インディゴピュアで染めた後に、草木の灰汁、脂(ヤニ)、土の中に含まれる金属成分(鉄・銅など)をイオン化させ、もう一度染めた。
そして、力織機に掛け、デニム生地を作った。
ヴィンテージ縫製用のミシン(アメリカ製ユニオンスペシャル)は、スピードは遅いが力が強いミシンだが、生地が強いため縫うことができず、ミシンの歯車、ギア、ドブ板等の改造をし、縫製することができた。
「Sin100年デニム」は、其の絶妙な「色」を求め創られた。



この100年デニムはまさに、Sinブランド・真空館の顔でもあります。

サイズ展開
26/27/28/29/30/31/32/34/36 インチ
\21,800(税込\22,890)


お問合せ・ご質問等ございましたら、お気軽に下記までお問合せください。
__________________________________________________________________
真空館
福岡市中央区大名1-10-13
Phone: 092-731-7325
Mail: info@sinkukan.com
URL: http://www.sinkukan.com
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sinkukan.blog112.fc2.com/tb.php/188-31068ba3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。