-真空館BLOG-
真空館BLOGは移転しました。新しいブログは→http://blog.honai.jp/
プロフィール

真空館BLOG

Author:真空館BLOG
真空館は、伝統にとらわれない本藍のブランド。
「sin」ブランドを取り扱うお店です。

本藍のワークウェア、インディゴ、100年デニムなどの個性的な商品を取り揃えております。

▼真空館メインページ


▼真空館ショップページ


▼親子で藍染めBLOG



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



人気ブログランキングへ
ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


   【本藍】洗い方
藍染めの洗い方、知っている方は当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、
やはり、初めてご来店された方などからは、まだまだ「大変そう」「色移るの?」と言われてしまいます。
ご購入していただいた方には洗い方の書いたカードをお渡ししていますが、ちょっと詳しく説明しますね。(長いですよw)
結論から言いますと、色は洗ったくらいではほとんど落ちませんし、色は他のものに移ることはございません。
ただ、擦れたりすると落ちるので、アタリなどは着込むほど出てきて味になります。

まずは、なぜ、色が落ちるイメージ、色が移るイメージが藍染めにはあるのでしょう?
おそらく、ジーンズを染めている染料インディゴ、すなわち化学藍(インディゴピュア)と、
藍が同じものと思われていることが一番の原因かと思います。
ジーンズを白いものと洗ったとき、色が移ります。このことは皆さん承知のことですよね。
この、ジーンズの色落ち、色移りのイメージがそのまま藍染めにも浸透しているのでしょうね。
しかし、藍染めでも色が移った!と言われる方もいらっしゃいますが、それは後ほどご説明します。

さて、藍とインディゴ、何が違うのでしょう。
上述した中でインディゴを化学藍と書きました。
それに対して、当店で言う藍染めとは天然藍・本藍とご説明させてもらっています。
文字通り、ジーンズなどを染めている染料は化学藍といって、天然藍の分子構造をコピーして、人工的に作られた染料なのです。
さすがにコピーしているだけあって、すごく似ている染料ではありますが、全く違う染料なのです。
実際、色味も若干違ってきます。インディゴは濃くなると、少し黒みが出てきますが、藍は濃くなると青がより深くなっていきます。
では、色移りはなぜ天然藍はせずに化学藍はするのか?

それは、藍は染め液の中では色素の粒が1つ1つ散々の状態で黄色なのですが、これが空気に触れ酸化することで、2つの粒が手をとり合い1つの粒になり青色になります。
この青になった時の粒の大きさが天然藍と化学藍で違います。天然藍の方が粒が大きいのです。

この大きさが違うとなぜ色移りをしないでしょう?
それは、綿を藍で染めると時、綿の繊維には一本一本にタコの足の吸盤のような穴があり、この綿を染め液の中に漬けると、バラバラの黄色の藍の粒が綿の穴の中に入ります。
この時、染液の中で綿は黄色となりますが、これが、染め液を絞り落とし、空気に触れさせると、粒が2つにつながり青色となり、染まったことになります。
その時、天然藍はその綿の穴より粒が大きいので、一度染まるとその綿の穴から出ることが出来ないですし、もし出たとしても他の綿の穴には入れません。なので、色落ちしにくく、色移りしません。
それに対し、化学藍は粒が綿の穴が小さいため、穴から出ることも他に入ることも出来るので、色落ちもしますし、色移りもします。
藍とインディゴの違いはホームページの方でもより詳しくご紹介しておりますのでコチラもご参照ください。

あと、天然藍、化学藍、と『割り建て』というものがあります。
『割り建て』とは、天然藍と化学藍を混ぜたものです。
市場ではこの『割り建て』も「本藍染め」となり流通していることがあるので、誤解が生まれやすいですよね。

色移りしないので、このような白ベースを作ることが可能になってきます。
21.jpg

23.jpg

29.jpg


もし色が移るのであれば、染めたあとに洗うときに染まっている柄の部分から白い部分に色が移ってしまいますよね?これは天然藍のみで染めている証拠みたいなものです。

おっと、ちょっと話がそれましたが、洗い方ですね。
冒頭で述べたように、色落ち、色移りは気にせず、普通に洗って大丈夫です。
ただ、藍には殺菌作用があるので水洗いだけで充分です。
よくビックリされるのは、汗かいて放っておいても、Tシャツが汗臭くなったりしないんですよw
かといって、洗剤を使ったからといって色が抜けたりはしません。
しかし、アルカリ性の洗剤は、蛍光剤等が残留するようなっているので、色褪せ、変色の恐れがありますので、中性洗剤(オシャレ着洗いの洗剤)をお使いください。
よく、久しぶりにタンスから白いTシャツを出すと黄ばんでた、とかご経験あるかと思いますが、それが蛍光剤の変色です。
ただ、あまり気にしないでもいいのですが、はじめの2、3回は表面に乗っているだけの色素が、洗濯時に擦れて他のものに付着する場合がありますので、念のため、単独洗いをお勧めします。もし他のものに着いてもそれは着いているだけなので、洗えば取れます。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sinkukan.blog112.fc2.com/tb.php/143-dc8cd285



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。