-真空館BLOG-
真空館BLOGは移転しました。新しいブログは→http://blog.honai.jp/
プロフィール

真空館BLOG

Author:真空館BLOG
真空館は、伝統にとらわれない本藍のブランド。
「sin」ブランドを取り扱うお店です。

本藍のワークウェア、インディゴ、100年デニムなどの個性的な商品を取り揃えております。

▼真空館メインページ


▼真空館ショップページ


▼親子で藍染めBLOG



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



人気ブログランキングへ
ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


   作務衣
ご来店された方は必ず目にしたことがあると思います。
作務衣
↓↓↓

samue


触ったことある方は「ゴツイ」「カタイ」と思ったことあるのでは…?
しかし、この作務衣に使用している生地は作務衣用の生地で、この糸を太くすると、胴着になるようなものです。
作務衣とは、日本の作業着。つまりジャパニーズワークウエアです。
作業着だから頑丈なんですよね、作務衣って。
藍染をやっているせいか、たまに和物のお店と思われがちで、さらに作務衣をご覧になった方が、着物や、浴衣は置いてませんか?とご質問を受けるのですが、ワークウエアとして作務衣を作っています。
色は本藍と藍墨の2色。特に藍墨に関しては墨で染めると硬くなりますので、さらに硬い!馴染むまでこのゴワゴワ感があります。
しかし、一旦馴染むと、別物のように、柔らかく着易くなるのでご安心を。
作務衣は作業着とは言ったものの。正確にはよく知らないこともありますので、ちょっと調べてみましたw

いつ頃から使用されたのかは定かではないそうですが、
禅宗寺院では僧侶が掃除や薪割り、畑仕事など、寺院を維持するための労働を行う時に着用したものみたいです。
そして、作業着であるため、坐禅や法会の時には着用しなかったみたいですね。

まぁ、お葬式にジーパンで行くようなもんでしょうねw

で、ちょっとビックリだったのが、色は正式な衣である黒衣と区別するために、藍や茶である事が多いらしいです。

藍墨は昔の黒の染め方です。

ということは、本来は藍墨の作務衣にはダメみたいですね(笑)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
勉強になりますな~。85ヨウ・へぇ
よく人に「その甚平、高そうやね~」と言われます。甚平じゃねぇ!って言うのめんどくさくなってきました・・・つーかドンキや祭りに出没する人達と一緒にすんな!・・・まあ俺もよく行きますけど。
【2007/07/22 03:04】 URL | a2 #- [ 編集]

甚平と作務衣って同じものって思ってる方多いですからねw
めんどくさらがらず、甚平じゃねぇ!って言い続けてくださいよ~
【2007/07/22 15:29】 URL | ハラ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sinkukan.blog112.fc2.com/tb.php/3-90a191b9

作務衣作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が労働(作務)をする時に着る作業着の事である。いつ頃から使用されたのかは定かではないが、禅宗寺院では僧侶が掃除や薪割り、畑仕事など、寺院を維持するための労働を行う時に着用する。作業着であるため、坐禅や法会の時には着用し 和服の言葉の意味を知る【2007/10/17 09:37】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。